錦織圭選手のこと

全豪オープン3回戦で錦織圭がVERDASCOに負けましたが、彼の試合後のブログで、ナイトセッションの大舞台、トップ選手との対戦で第1セットは緊張で足が動かなかったと書いています。

また、1回戦が終わった後、(自分の疲れと比較して)優勝まで漕ぎ着ける事が出来るナダル、フェデラーの体力に触れ、3回戦あたりからは体力に裏打ちされた精神力の勝負ではないか、というようなことを書いています。

現状では、錦織選手を楽しみに見ているウオッチャーとしても1,2回上位の選手に素晴らしい試合をすることが出来ていますが、確かに、5回、6回とトーナメントを勝ち続ける安定感は今のところないと言わざるを得ません。

ただ、彼の才能は普通の人にないものをそこかしこに感じることは出来ますし、ナダル、フェデラーに勝っても当然と感じさせるものがあるのは間違いないところです。彼は、まだ21歳だと新しいコーチが言っているそうです。そう、体力面を含めて無理をせず、大きく才能をさらに伸ばしていって欲しいものです。

限界○○(ほにゃらら)低減の法則

昔学んだ経済学のはじめに、限界効用逓減の法則というのがある。簡単に言うと、1杯目のビールより、2杯目、2杯目より3杯目の方がおいしさの度合いが減るというものである。

また、人間が経済活動を行う際には、効用を最大化するように行動するというのが、近代経済学が前提においているスタート地点ともいえるものである。

この近代経済学の原点が妥当かどうかは、議論のあるところだが、それはさておき、この限界○○低減の法則は、多くのことに当てはまる。一番普遍的に当てはまるのは、人間の幸福度と所得の関係だろう。あらゆる財を得ることが出来ない状態から、1ドルずつ所得が向上していくとき、年間の所得が数万ドルを超えるようになると1ドル所得が増えてもほとんど幸福度は増えないだろう。

同じように、企業の生産性や、付加価値の増加率を考えるとき、発展段階が低いときは、それらの向上率は大きいが、成熟した段階での生産性の向上や、付加価値の増加率はどんどん低減し、これらを増加させるための必要な投入は大きくなるだろう。

戦後の日本の発展を考えるとき、団塊の世代が活躍していた頃、現在と比べるとそのレベルは低かった。よって、あらゆるものが簡単に成長することが出来た。生産性の向上、技術の発展、所得の向上、幸福度。

やはり、そうしたことを考えると現代は高度成長期のような社会全体の簡単な成長は望めなくなったということだろう。

2011年の最初

特に年の頭に抱負を述べるとか、計画を立てるとかという気にはならない。

PC道、テニス道、そこら辺に力を入れていきたい。

正月早々届いたマリーザモンチのDVD、ブラジル音楽の良さを再確認した。このDVDなんと言っても、日本語の字幕入りで、非常に容易に理解が可能だ。日本語の歌詞カードや、解説なども入っている。これまでたくさんの現地のCDをそのまま意味もよくわからず聞いていた状況と比べると雲泥の差である。

マリーザモンチの世界ツアーの様子がドキュメンタリータッチで、単なる歌手としての彼女だけではなく、大勢のスタッフを雇い、率い、大勢のスタッフと寝食を共にしながら曲作りをし、機材を運び、スケジュールに追われながら短時間に世界中を移動する様子、最近のネットによるCDの販売不振の変化など、困難さがよくわかる。

ブラジルではトップと言っていいほどの大物アーティストであるが、簡単にお金を稼いでいるわけではなくて、才能、実力、努力、忍耐の上に感動が作り出されるというのがよくわかる。

小人だけだね、楽して果実を得ようと考えるのは。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。