PCオーディオその後

PCオーディオにはまった時にオーディオ機器を揃えはじめたのだが、どうしても値段の手頃なものから揃えてしまい、結局は満足できずに上位機種を買うということを繰り返した。このため我が家のオーディオセットは4組ある。

下ががメインのセットだ。一日の最後に、好きなクラシック音楽を聴く。カナダ人ピアニストのグレン・グールド(1932-1982)にはまっている。知る人は知るのだが、知らない人も多いと思う。没後30年以上経つのだが、クラシックでは人気のピアニストだ。CD売り場へ行くと、今でもたくさん並んで売れている。昨年発売された「コンプリート・バッハ・コレクション」(CD38枚、DVD6枚組)は最初1万2千円ほどの安価で発売されていたのだが、今では逆に値上げされている。彼の演奏は、1950年代から始まり、このころの演奏は60年近く経過している。このため初期の録音状態は悪く、出来るだけ原音で再生したいという思いから、PCオーディオに凝り始めた。

具体的には、ファンレスの無音自作パソコンにZODIAC専用のUSBケーブル(85センチで6万円する!!)でDACのZODIAC GOLDと接続する。ZODIAC GOLDは、本体と電源部が分かれており、50万円以上する。この電源部が威力を発揮するのだ。電源部を完全に独立・安定させることで異次元の音質になる。さらにA級アンプのLUXMAN 550AXのパワーアンプ部へと直結し、スピーカーはB&WのCM8にバイワイヤリングで接続している。これらの接続はモンスターケーブルを使っている。ヘッドホンは、オーストリア製のAKG K701だ。結論だけを言えば、非常に良い音がする。長い時間、大きな音で聴いても聴き疲れすることがなく、小さな音で聴いてもクリアに聴くことが出来る。クラシックはクラシックにふさわしい、ジャズはジャズらしいリアルな音がする。

ベストは、ZODIAC GOLDとヘッドホンのAKG K701だけの再生だ。非常に微妙な音まで明晰に聞きわけることができる。たとえば、グールドが生涯使い続けた椅子がかすかに軋む音や、マイクマニアの彼が、音源から遠近をつけた位置に置いたマイクが拾うチャンネルごとの微妙な違いも聴き取れる。また、ジャズなど違ったジャンルを再生すると、非常な臨場感、迫力があり、目の前に楽器があるかと思うほどだ。もちろん、アンプ、スピーカーをとおして聞くと、音量に関係なく音楽に楽に没頭することができる。全体に、例えば、ピアノであれば本来のアコースティックな響きがするし、ドラムのシンバルであればそのとおりのリアルな音がする。本来、楽器はこんなにいい音がするのだと快感する。

ZODIACLUXMANB&Wakg_k701

リビングルーム

こちらはネットワークプレイヤー PIONEER N-50、アンプは ONKYO A-9070。ソースは、隣室のNASからLAN接続をしている。他のメーカーのネットワークプレイヤーもそうだが、曲の選択や曲目のディスプレイが小さいことなどPCと比べると、細かい不満はいろいろある。だが、CDプレイヤーを使うより、さっと違う曲をかけることができるし、曲名も表示され、こちらの方がずっと良い。

スピーカーは、かなり昔(15年ほど前)に買った。「線音源」のリニアムA-1という高音が綺麗なスピーカーだ。スピーカーは専用スタンドに乗せている。こちらもなかなかいい音がする。リビングルームではある程度離れて聴くことができるので、器楽曲は自然な感じで聴ける。オーケストラはちょっと解像度が厳しい。

N-50ONKYOリニアムA1

和室1 PC

和室に家族みんなで使うデスクトップパソコンがあり、そちらのセットだ。ONKYO DAC-1000、アンプ ONKYO A7-VL、スピーカー DALI LEKTOR2です。いずれもネットの口コミを見て買ったものだ。

DAC-1000ONKYO A-7VLDALI LEKTOR2

和室2

ネットワークオーディオを始めた時に買ったネットワークプレイヤーDENON RCD-N7とスキャンダイナスピーカーMicro Pod SE。

RCD-N7MICROPOD

brasileiro365 について

 ジジイ(時事)ネタも取り上げています。ここ1年、YOUTUBEをよく見るようになって、世の中の見方がすっかり変わってしまいました。   好きな音楽:完全にカナダ人クラシック・ピアニスト、グレン・グールドのおたくです。他はあまり聴かないのですが、クラシック全般とジャズ、ブラジル音楽を聴きます。  2002年から4年間ブラジルに住み、2013年から2年間パプア・ニューギニアに住んでいました。これがブログ名の由来です。  アイコンの写真は、パプア・ニューギニアにいた時、ゴロカという県都で行われた部族の踊りを意味する≪シンシン(Sing Sing)≫のショーで、マッドマン(Mad Man)のお面を被っているところです。  
カテゴリー: PC・オーディオ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中