テニス 今どきのグリップ

テニスのグリップは今や昔とは様変わりをしている。昔はイースタングリップと言い、ラケットを握手するように握りボールを運ぶように前方にフォロースルーしていた。

昔、サーブアンドボレーは上級者だけのプレースタイルだったが、ラケットが進歩し、今では誰もができる。ラケットの進歩に合わせ、日本の軟式テニスで使われていたウエスタングリップが、硬式テニスでも可能になった。ウエスタングリップは、地面に置いたラケットをそのままの状態で掴むのだが、フォロースルーの方向は前方ではなく、上にすることで、ボールに順回転(トップスピン)が簡単にかかる。トップスピンがかかるという事は、力いっぱい打ったボールが相手コート内に落ちることを意味する。そのウエスタングリップもフェデラーあたりまでで、現在の主流はさらに厚いグリップになっているようだ。

錦織圭と伊達公子の2枚の写真を見ると、グリップの違いがよく分かる。伊達公子はイースタングリップで握っているようだ。錦織圭は、ウエスタングリップでもない。ウエスタングリップよりも厚いエクストリームウエスタンとの中間なのだそうだ。エクストリームウエスタンは、ブログの主がテニスを始めたころに流行ったコンチネンタルグリップの反対側の面を使う。フォロースルーは上と言うより、円を描きながら後ろに振っているように見える。昔と比べると面の角度が180度変わったのだ!!

http://www.tennis-navi.jp/news/images/2013-10-10T001318Z_1_CTYE99900M800_RTROPTP_3_L4N0I000K-TENNIS-NISHIKORI.JPG (テニスナビから)

テニス=上海マスターズ、第12シードの錦織が3回戦進出http://f.hatena.ne.jp/cobayan/20080505061453 (2008年カンガルー国際から)imagesCA4HS8EHエクストリームウエスタン(主は左利き)エクストリームウエスタン

投稿者: brasileiro365

 ジジイ(時事)ネタも取り上げています。ここ数年、YOUTUBEをよく見るようになって、世の中の見方がすっかり変わってしまいました。   好きな音楽:完全にカナダ人クラシック・ピアニスト、グレン・グールドのおたくです。他はあまり聴かないのですが、クラシック全般とジャズ、ブラジル音楽を聴きます。  2002年から4年間ブラジルに住み、2013年から2年間パプア・ニューギニアに住んでいました。これがブログ名の由来です。  アイコンの写真は、パプア・ニューギニアにいた時、ゴロカという県都で行われた部族の踊りを意味する≪シンシン(Sing Sing)≫のショーで、マッドマン(Mad Man)のお面を被っているところです。  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。