主の政治観(中国、韓国、アメリカ、日本)

政治への批評は、個人的なブログに書いてもたいした意味がなく、読者の気分を害することがあるだろう。だが、世の中はミスリーディングな言い回しに溢れている(と思っている)。ついては、個人的な意見を述べてみたい。興味のある人に読んでいただければ幸いだ。

【中国について】

日中の最大の問題はやはり、外交問題だろう。尖閣諸島の領土問題などは、経済成長でGDPが世界第2位になるほど成長した最近の出来事だ。経済成長を果たす前、中国は地域の主権の主張をしていなかった。近年の覇権主義をきっかけに、資源の賦存量の大きさから主権を主張するようになった。南沙諸島でも似たようなことがベトナムとの間でも起こっているようだ。 「中国人には個人のレベルでは善い人が大勢いるのだが、共産党が前面に出てくると様相が変わってくる」という話をよく耳にする。 チベットの少数民族に対しても、共産党は愛国主義を醸成するためといいながら、弾圧する。自衛隊機への異常接近やベトナム艦船との衝突でも、自分の非は全く認めようとしない。このような国に対しては、日本の正当性を面倒がらずにずっと主張し続けることが必要だ。

戦後50年を機に戦争責任を認めた村山談話を日本政府は表明したが、このような表明は過去を清算するどころか逆に火に油を注ぐような事態を招いている。日本のマスコミにも進歩派を自認し、南京大虐殺などを大きく取り上げる新聞があるが、どれほど本当のことだったのか。これまでの中途半端な平和主義、自虐的な左派の歴史観が招いた結果のように思えて仕方がない。

日本国内の歴史観には、対立するさまざまな見方が存在している。しかし今となっては、敗戦国のバイアスがない客観的な歴史観の獲得と発信を、地道にやるより仕方がないのではと思う。つまり、敗戦後の日本の思想史においては、勝戦国アメリカが推し進めた民主思想や戦争遂行の全否定をベースにした左派思想がある。それらは当然評価すべきだが、行き過ぎた面があり、事実ではないこと、誇大に言われていることが多いのではないかと思う。当時の歴史において、日本だけが特殊な行動をとってはいないと思う。(ドイツのホロコーストとは違うと思う。)

【韓国について】

韓国では大勢の高校生が乗った船が沈没するという痛ましい事故が起こった。しかし、背景に監督官庁と民間企業の癒着があり、同種の事故が何度起こっても一向に改善されないことに対し国民の怒りが向けられているようだ。財閥系企業のサムスンやLG、現代などが好調で、韓国経済が一見好調のように思われがちだが、利益はこれらの企業に出資する欧米企業が享受し、韓国国民には恩恵がさほど行っていないと言われる。こうした中で、韓国民は苦悩しているように見えるが、人口が少なく市場規模が小さいため、輸出に依存せざるを得ないという事情があるようにも思う。 慰安婦問題などでは、日本政府は過去に河野談話を発表しているが、こちらも中国同様、このことが足をすくわれる結果をもたらしたように思う。談話発表の背景にある日本政府の韓国政府に対する配慮が逆手に取られ、誇張され過ぎているのではないか。

外交で、安易に謝罪するというやり方が如何にまずいかということを示していると思う。相手国から非難され続けて、それにこたえる形で反省を口にすると、今度はそれを口実にされさらに非難がエスカレートするという構図だ。

【アメリカについて】

アメリカはブッシュ大統領の時代にアフガン侵攻、イラク戦争を行い、世界の警察を標榜していた。オバマ大統領になり、この方向性が変わるかと期待したが、根っこのところは変わらないようだ。民主党も共和党におとらず根っこのところは、一部の金持ちを優遇するようだ。ただし、アメリカのどの政権も表面上金持ち優遇とは言わず、自由競争、グローバリズムを旗印にして公平を装っている。

アメリカの経済状況は、独占禁止法を緩めたり、金融分野の自由化すら進めた結果、過去30年間にわたり富は1%の金持ちに集中し、99%は貧しくなっている。こうしてアメリカンドリームなど全くない状況になっているのに、国民は多くはいまだにアメリカンドリームを信じている。上手く金持ちの宣伝に乗せられているのだ。レーガン政権以降にはトリクルダウン(trickle down)という、金持ちがさらに金持ちになることでその下の大衆は、水がこぼれてくるおこぼれ(トリクルダウン)にあずかるということが真面目に言われていたくらいだ。

ウクライナ危機だが、アメリカをはじめとする西側諸国はロシアを非難している。しかし、これはロシアにしてみれば、西側の勢力をバックにしたクーデターと映っており、180度とらえ方が違っている。ただ、西側が結束してロシアを非難すればするほど、孤立するロシアは中国と接近する。これは世界を分断し、経済のためによくないのは明らかだ。

【日本について】

日本は、経済の立て直しが間に合うかどうかが最大のポイントだ。高齢化、人口減少、20年間続いたたデフレ。これらで特に地方は壊滅的な状況にある。地方に限らず、弱者ほど過去にない厳しい状況にある。東京に住み、貯えもあり、安定した職業についているとデフレは困らないのだが、地方在住、非正規社員、シングルマザー、就職できない若年層、貧困のサイクルに取り込まれた者にとってデフレは、賃金低下による地獄だ。アベノミクスで回復の兆しが少し見えるが、財務省、マスコミ、御用経済学者は、相変わらず財政赤字への警鐘を国民に発信し続けている。財政赤字の解消は、景気が回復してから考えればよいのだ。景気回復が先、財政赤字はその後に解消すればよい。赤字のレベルも一定の水準まで下げれば、必ずしも解消しなくともよいのだ。政府の赤字と家計の赤字は意味が違う。

この経済の立ち直りには、なんといっても円安が重要だ。相対的に世界を見ると、今のところ、日本の状況は悪くない。(日本の財政赤字の債務残高は、円建てで日本国内で大半が消化されており、財務省が言うほどマーケットは不安視していない。)このため、ヨーロッパの通貨危機、中国経済の減速、ウクライナ危機などの不安材料が生じるたび、円は買われ、円高になる傾向がある。黒田日銀は登場の時に、「異次元の金融緩和」を行ったが、その後はまったく音沙汰がない。幸い、今のところ消費増税の落ち込みを乗り越えられそうであるが、105円まで下がった円は、現在101円台にまで上昇し、それに伴って株価も上昇できないでいる。製造業の一部には、アベノミクスの円安により生産拠点を日本に戻す動きがあるという。こうしたトレンドを定着させるためには、今以上の円安になることが望ましい。リーマンショックの前の水準は120円ほどだったはずだ。このくらいの水準になると、日本の競争力は十分に余裕をもって発揮できる。

中韓との外交は先に述べたとおりだが、安倍首相はウクライナ危機の前、ロシアのプーチン大統領とは良好な関係を築き、北方領土の返還がまとまるかも知れないというところまで来ていた。だがこの危機で踏み絵を踏まされ、早々にアメリカなど西側諸国に同調し、ロシアを非難する側に回ってしまった。アメリカは、中韓、北朝鮮などとの外交に必要なパートナーであることは確かだが、日本が常に尻尾を振ってアメリカについていく必要があるのかは考えるべきだろう。もっと、中間的なポジションをとれなかったのだろうか。TPP交渉ではオバマ大統領が訪日する中、日米が最後まで譲らず決裂したが、この交渉は見ごたえがあった。この交渉のようにアメリカ追従ではなく、日本の国益を重視しロシアと協調、北方諸島の返還と天然ガスの輸入を勝ち取ってほしかった。

また、民主党政権の前の第1次安倍政権でホワイトカラーエグゼンプションという制度を導入しようとしていた。ホワイトカラーエグゼンプションというのは、労働の対価を、時間ではなく成果で測ろうとするもので、「成果を出せば会社に来なくていいですよ。ただし、逆に時間がいくらかかろうとも残業代は払いませんよ。」というものだ。この第1次安倍内閣の時にこの案は世間から総スカンを受けたのだが、これを再びテーブルに乗せようとしている。やはり、労働コストを下げたい財界などの圧力があるのだろう。このままではいただけない。

 

グレン・グールド考7 普通の男だった「天才ピアニストの愛と孤独」

グールドは、私生活を明らかにしてこなかったことが原因で、これまでずっと禁欲的なイメージを世間に与えてきた。一部には「グールド=ゲイ」説もあったくらいだ。自身でも「20世紀最後の清教徒」を標榜していた。ところが、そうしたイメージは実際はレコード会社の販売戦略によるものだった。映画「グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独」(2009年。日本公開は2011年。)で、グールド研究者のケヴィン・バザーナが、これまでの禁欲的なイメージに対し、揶揄するように実際の彼は、女性に関して全く普通の男だった」と語っている。

この映画で、生涯独身だった彼と関係が深かった女性が3人登場する。グールドが亡くなったのは1982年、50才だったから、映画の公開時の2009年は、彼が生きていれば77才という計算になる。このため登場する3人はいずれも、今ではお婆さんになっているのだが、映画に出てくる当時の姿は、それはそれは非常に魅力的だ。今でも笑った表情などに当時の面影が現れ魅力を保っている。

一番最初に出てくるのが、フランシス・バロー(写真)。グーグルで検索すると、ティーンエージャー時代の8才年上のガールフレンドで、グールドがピアノを教えたと出てくる。グールドはチッカリングというハープシコードのような音を出すピアノで、デビュー作のゴールドベルグ変奏曲(バッハ)を練習したのだが、このピアノは彼女から譲ってもらったものだ。 映画で、グールドを愛していたかときかれ「もちろん」と即答し、グールドはロマンティックだったかときかれ、4,5秒ほどの非常に長い間のあと「ある種の(sort of)」と答える。また「一緒に暮らすのは困難(too difficult to live with)」と答えている。グールドは20代のはじめの時期、自身の唯一の大曲「弦楽四重奏曲作品1」を2年間かかって作曲していた。このことをに夢中になりながら電話で毎晩彼女に語っていた。下の写真ではタバコをくゆらせているが、若い時の写真でもタバコを魅力的にくゆらせ、グレタ・ガルボを彷彿とさせる。

バロー

二番目に出てくるのは、コーネリア・フォス(写真)。コーネリアは、グールドの友人である作曲家、指揮者、ピアニストのルーカス・フォスの奥さんで画家だ。グールドはルーカスを尊敬していた。そのため、ルーカスに電話をよくしていたのだが、ルーカスがいないときにはコーネリアと話をし、やがて、ルーカスではなくコーネリアに電話するようになり、二人は恋に落ちる。二人は1962年に知り合い、1972年に別れたというから、ちょうどグールドが30才から40才の10年間にあたり、最後の4年間半はトロントに家を借り、グールドの近くで暮らしている。コーネリアにはルーカスとの間に2人の子供(9才のクリストファーと5才のエリザ)がいた。グールドは1964年以降(32才以降)、コンサートに出ることはなくなり、もっぱらスタジオで録音をするのだが、音楽評論やラジオ番組の制作などもしていた。グールドは演奏以外の場でもさまざまに発言するのだが、これがピアニストとしてではなく批評家として、厳しい批判に晒される。こうしたことで彼の聡明でユーモアあふれる性格は影を潜め、メディアに対しては防御的になり、世間から徐々に遠ざかるようになる。グールドは緊張を緩和するために安定剤などを飲んでいたのだが、複数の医者で同じ薬を処方してもらい大量に飲むようになる。この薬物依存症はエスカレートし、恐怖症に苛まれ続ける。心気症が激しくなったグールドは、コーネリアをトロントで1枚も絵が描けないほど束縛し、やがて二人の家庭は維持できなくなる。

コーネリア

コーネリアに復縁を迫るグールドだが、もとに戻ることはできない。失意に暮れるグールド。

その後、グールドはたまたまロクソラーナ・ロスラックがルーカス・フォス(コーネリア夫!)の曲を歌うラジオで聞く。グールドはロクソラーナを探し出し、ともにシェーンベルクやヒンデミットの現代歌曲を録音するようになる。ロクソラーナはオペラ歌手としては有名ではなかったようで、大きなチャンスを得たと感じたようだ。グールドの生活はこのころには昼夜逆転し、映像には不健康さが漂っている。

ロクソラーナ

このあたり、次のリンクにはよく書かれている。(興味のある人は見てね。)

http://www.capedaisee.com/2011/12/gould/ 

http://plaza.rakuten.co.jp/mamakuncafe/diary/200710030000/

グールドは死亡する50歳の直前、グールドののデビュー作で、一夜にして巨匠たちのピアニストの仲間入りさせたゴールドベルグ変奏曲の再録音にとりかかっていた。彼は一度録音した曲の再録音はほとんどしないのだが、デビュー作の演奏の解釈には、改善の余地があることを感じていた。そして再録音が完成し、50歳になった9日後、脳梗塞で亡くなる。身近にいるものは容態の悪化に気付かなかったものの、久しぶりに会うものには容態の悪化は明らかだったという。そして、死の直後、再録音盤が発売され大きな反響を呼び、この録音はグラミー賞を受賞する。

主は、この映画のもとになった書籍「グレングールド シークレット・ライフ」(マイケル・クラークスン、道出版)を手に入れた。書籍では他にも女性関係が描かれているようだ。そのあたり、読後にまたアップすることにしよう。

 

 

見たことのない景色 錦織圭

錦織圭が快進撃をはじめた。見たことのない景色を錦織はわれわれに見せてくれている。バルセロナオープンで優勝。その後のマドリッドオープンで準優勝。バルセロナオープンはATP500の大会だが、マドリッドはATP1000の大会だ。この二つの試合の結果、錦織の世界ランクは自己(日本人)最高の9位となった。

ATP1000というのは、ATPが “Association of Tennis Professionals(男子プロテニス協会)” の略、1000という数字は獲得ポイントを表している。ウインブルドンや全仏オープンなどグランドスラム4大会はさらにランクが高く、優勝ポイントは2000ポイントある。マドリッドは1000ポイントの大会なので4大大会を除くと最高ランクの大会である。ちなみに、男子はATPだが、女子はWTAといい ”Women’s Tennis Association(女子テニス協会)” を略している。大会は、規模により基本的に250, 500, 1000, 2000の4種類に分かれる。ATPの下にはチャレンジャー、フューチャーズという下部大会もある。当然大きい規模の大会は賞金総額も大きく、有力選手が参加する。このポイントによるランキングは毎週更新され、選手は大きな大会ほど出場しようとする。テニスシーズンは1年のうち12月だけが休みだ。ランキングのもとになるポイントの有効期間は1年間なので、試合に出ないとランキングはすぐに下がってしまう。

参考までに2014年5月26日現在のランキングをみると、1位はナダルで12,500ポイント、2位ジョコビッチは11,850ポイント、3位はバブリンカで5,830ポイントだ。錦織は10位で2,815ポイントだ。(錦織は準優勝した直後のローマ大会を欠場したため、好成績を残したランキング10位のラオニッチと入れ替わった。)こうしてみると、世界のトップになるには1万ポイントを超えることが必要なので、4大大会で何度か優勝し、何度も準優勝する、ATP1000の大会でも何度か優勝するなどをしないとトップの座に就くことは出来ない。

当然錦織も10代のデビュー当時は、下部大会でポイントを獲得し、徐々にATPツアーへと移って行った。錦織以外の男子日本選手は、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一、最近ではダニエル太郎などが錦織を追っている。しかし、今のところは、彼らはなかなか錦織ほどの結果は残せていないようだ。

バルセロナ大会、マドリッド大会ともにクレーの大会だが、同じレッドクレーで行われる全仏オープンの前哨戦だ。錦織はもっともトローク力が要求されるクレーでの優勝はこれまでなかった。バルセロナ大会の決勝での対戦相手はヒラルド(コロンビア)、マドリッド大会は世界ランキング1位のナダル(スペイン)が対戦相手だった。このマドリッド大会では準決勝のフェレール(スペイン)戦も見ごたえがあった。第3セット、1セットオール、ゲームカウント5-3で錦織リード。ここで、錦織のサーブで40-0。つまり、あと1ポイントとれば、錦織勝利の場面なのだが、錦織自身が言う「悪い癖」が出る。そのあと3ポイントを連取されジュースになる。このジュースがハラハラ延々続く。マッチポイントは錦織に9回あり、フェレールにはブレークポイントが4回あった。錦織は10回目に最後の勝利ポイントを決めた。フェレールは地元の選手で、錦織にとっては完璧アウェイ状態。もともとしぶといプレーが身上のフェレールに、観客は大熱狂。サーブの態勢に入ったアドレスの状態で、観客席からヤジが飛び、錦織がサーブのトスを中断するなど会場はヒートアップしていた。それでも錦織は主導権をフェレールに渡すことなく、淡々と自分のプレーを続け、勝ち切った。

決勝はランキング1位の対ナダル戦。この試合錦織の出足は絶好調だった。クレーの王者ナダルを相手にさらに広角に振り回し、第1セットナダルは、自分のスーパープレーを上回る錦織のスーパープレーに、なすすべなく茫然としていた。錦織6-2で第1セットを先取。第2セット最初のナダルのサービスゲームも錦織がブレーク。その後4-2と錦織はリードを保つ。ところが、第7ゲーム錦織のサービスゲーム。このあたりから錦織の体調に異変が起こる。足が動かなくなってしまうのだ。このセットをナダルにあっという間に逆転され4-6で取られる。ファイナルの第3セットは、明らかに錦織がプレーできる状態でないことが画面を見ていてもわかる。錦織は、ここで止めては観客に申し訳がないと思ったように見えた。結局、数ゲームするのだが、誰の目にもプレー続行は出来ないと分かる状態。自分から試合続行が出来ないと審判に申告する。あと10分間、錦織の体調が完全であれば錦織が勝っていた試合だった。

翌週は、全仏前の最後のクレー大会であるローマオープンが行われた。錦織は怪我のために欠場。決勝に進んだのは、マドリッドで錦織を破ったランキング1位のナダルとランキング2位のジョコビッチ。ナダルはジョコヴィッチに敗れ準優勝に甘んじる、だが、全仏の前哨戦3大会全部に出場し、優勝1回、準優勝1回した

この2大会の錦織の活躍は、世界トップ大会の決勝戦で日本人が戦っているということで、少なくとも主60年の歴史では知らない。はるか昔の時代に日本人が大きな大会の決勝戦に出ていたが、今とはテニス人口も規模も比較にならないのではないか。現在のプロテニスプレイヤーのテニスの歴史において、見たことのない景色を錦織はわれわれ日本人に見せてくれている。テニスの大会の決勝戦の後にはセレモニーがあり、主催国の国王や皇族などが勝者、敗者に賞品を授与する。準優勝者もスピーチする機会があり、皆が健闘を称えてくれる。準決勝までに負けてしまってはこのようなセレモニーに出ることはできない。こうした栄誉のある場所に日本人プレイヤーが、大観衆から祝福を受けているのだ。決勝戦まで進めないとこうした景色は実現しないからだ。

錦織がすでに始まった全仏オープンでどれだけ活躍できるかはわからない。4大大会は5セット制で行われ、シードによる1回戦免除がなく、優勝するには7回勝つ必要があるからだが、錦織の才能は大きく、他の選手にない魅力がプレーに溢れている。また、トップ10の選手の中では最も若く、それだけ将来がある。

後日談:錦織は全仏オープン(ローランギャロス)に体調が戻らないまま出場し、ランキング100位以下の新人に1回戦で負ける。錦織はブログで「体調は良くなかったが、相手がもう少しレベルが低ければ、勝てたかもしれない。」と書いていた。この大会の決勝戦は、一つ前の大会と同じ顔ぶれのナダルとジョコヴィッチが対戦する。最後は、ナダルが前回敗れたジョコビッチを破って雪辱する。ナダルから見てセットカウント2-1、第4セット5-4で迎えた最後のポイントは、ジョコヴィッチ突然ののダブルフォールトだった。この試合、ずっと見ていても、ジョコヴィッチがいつナダルを逆転するかと主は思っていたほど、拮抗していた。—- 世界のトップは、精神力、技術、体力とも揃っていないとだめだ。相撲で言うではないですか、「心技体」だよね。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。