映画「沈黙」 / 監督:スコセッシ 原作:遠藤周作

遠藤周作(1923-1996)は、1966年に小説「沈黙」を発表している。これをアカデミー賞を受賞したことのあるマーティン・スコセッシ監督が長い年月を経て映画にした。

遠藤周作は、主が若いころ「狐狸庵先生」という名前でインスタントコーヒーのコマーシャルなどに登場しており、読んだことはなかったが飄々とした雰囲気に親近感を抱いていた。しかし、この作品はWIKIPEDIAにはノーベル文学賞をとるかというところまでいったと書かれている。

映画の様子は下の予告編にも出てくるので、あっさりネタバレしてしまうと次のようなものだ。

キリスト教が禁止されていた江戸時代初期、ポルトガルから派遣された宣教師が日本で棄教したらしいことが伝わってくる。ポルトガルから二人の若い宣教師が布教と、先に送られた宣教師が本当に棄教してしまったのか真偽を確かめるために日本へ送り込まれる。日本にその二人の宣教師が来ると、村人は隠れキリシタンとなり弾圧を逃れながらも、信仰を捨てず暮らしていた。幕府(長崎奉行)は、当然のようにキリシタンを弾圧し、拷問や見せしめの処刑により彼らの信仰を根絶やしにしようとする。

宣教師は、隠れキリシタンの村人や自分が、こんなに厳しい仕打ちをされていることに対し、「なぜ、神は沈黙しているのか」と問い続ける。しかし、神が答えることはない。

村人が隠れキリシタンとなり、それに対して厳しい処分をすればするほど、村人の中には殉教、殉死こそすれ、信仰がかえって強まることに幕府は危惧するようになる。キリスト教をなくすためには、隠れキリシタンを殺すことではなく、宣教師(パードレ)自身を転ばせ、棄教させることが、村人の信仰心を捨てさせるのに効果的であると幕府の役人は考えた。このため宣教師を捉え、目の前で村人を拷問し、「お前ひとりが棄教すれば、大勢の村人は救ってやる」と幕府は条件を出す。

村人が拷問され、村人を救うためには自分が信仰をすてることしか、方法がとうとうなくなる。彼がキリストの踏み絵をするとき、彼の耳にキリストの声が聞こえる。「私を踏め。私もお前と同じように苦しんでいるのだ」という声が聞こえる。

この映画を観終わって思ったのだが、この話は信仰という人間の根幹に係るものかもしれないが、普段の生活の人間関係の中にあり、自分の気持ちにこだわり過ぎてはならないのだ、むしろ、相手の気持ちを尊重することのほうが、全体として大事な場合があると感じた。

確かに「信仰」というものは大事かもしれない。だが、時と場合で譲歩することの方が大事な場合もある。ましてや、日常生活の些末ないざこざでは、自己中心的な拘りか、それとも、譲ることのできない本当に大事なことかよくよく考えなくてはならない。たいていの場合は、相手に譲歩することがお互いのためになるような気がする。——– そんな風に思った。

映画は、淡々と進む。拷問があったり処刑されたり暗いのだが、そのような場面は霧(山の噴火の煙)でぼかされていたり、むごたらしい描写は最低限にして、観る者に必要以上の心理的な負担は起こらない。

村は貧しく切ないのだが、むしろ、奉行所のある長崎は賑やかで、人々の身なりも裕福に描かれている。幕府の役人に狂気や残虐性のようなものはなく、奉行と囚われた宣教師の会話も論理的な楽しさがある。スコセッシ監督の演出には、日本に対する敬意が感じられる。

奉行のイッセー尾形の演技が特に秀逸だ。窪塚洋介、浅野忠信もうまい。おそらく原作がそうなのだろうが、会話が抽象的ではなく、先にも書いたが論理的・具体的であり、どのセリフにも説得力がある。

遠藤周作の「沈黙」に対し、ローマ教会を含め賛否が渦巻いたというのはそうだろうと思った。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。