テニス ガットの話

テニス歴43年の主は、何十本とラケットを買い替えた後、現在ウイルソンのウルトラ105S(写真)というラケットを使っている。配偶者から「ラケットより、腕を買い替えななあかんわ!!」とイヤミをずっと言われてきたが、ラケット遍歴を繰り返してきた。 今は、もう年なので「楽に飛ぶ、スピンがかかりやすい」というふれこみのラケットを選んでいる。

このラケットであるが、普通のストリングパターンより横のガットの行数が少ない、16×15というストリングパターンである。(一般的には16×19という横の方が多いパターンが多い。)そのせいか、縦のストリングスが激しくたわみやすく、ストリングスがかなり切れやすい。

こんなラケットです。ウイルソン ウルトラ105S

そのためストリングスを長く使えるように、さまざまな方法でガットを貼り、あれこれ試行錯誤している。

まず最初の写真は、ナチュラルガットに、「エラストクロス」という摩擦を低減するパーツを取り付けている様子である。(クリックしてもらうと写真が拡大されます。)

ナチュラルガットが切れそうになると、そこに「エラストクロス」をはめ込んでいる
上の写真を拡大したところ
エラストクロス

ナチュラルガットは、使い続けていると1か月程度で切れてしまう。このため、「エラストクロス」を使ってみたが、このようにすると確かに寿命は延びる。倍以上の期間使えるかも知れない。ただし、この「エラストクロス」をあまり数多くつけると、テンションが上がり、打感が変わってしまう。

フェデラーは、この「エラストクロス」を面の左上部に2か所ほどだけつけており、スナップバックというボールをヒットしたときにガットが元に戻り易くする効果を狙ってつけているそうだ。さらに、フェデラーはラケットの表裏を決めて、ストロークは必ずその位置でヒットするらしい。恐るべし!ですね。 

その昔、チャンピオンのピート・サンプラスもチェンジコートの際のベンチで、この「エラストクロス」を俯きながら調整していた。

お次。下は、錦織をはじめとして多くの選手が使っているハイブリッドである。主の場合、縦ナチュラル、横ポリを張っている。このハイブリッドは、プロの場合はナチュラルだけでパワーが出すぎる場合に、パワーを適度に落とすためにハイブリッドにするらしい。

ハイブリッド。白いのがナチュラル、赤っぽいのがポリである。

こういう試行錯誤を始めて数か月がたつのだが、いくつか気づいたことを箇条書きしてみた。

1.やはり、ナチュラルが体への負担が一番少ない。

2.主の場合だが、同じような打球感になるようなテンションは、次のような感じである。

  ナチュラル50ポンド=ハイブリッド45ポンド=ナイロン40ポンド

3.夏場と冬場では、打球感が相当違う。当然、夏場はテンションを高めにし、冬場は緩めになる。

少しでも参考になればうれしいです。

おしまい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。