薬剤師という職業 & 医療費の膨張

ブログの主は、処方薬を買う薬局でたいてい憤慨してしまう。

医者に行ったあと、処方箋にしたがって薬局の薬剤師が処方薬を販売するのだが、薬を渡す際に「調子はいかがですか?」「前回と違う薬ですが大丈夫ですか?」的なことを聞いてくる。ここで彼らを専門家だと思って、薬について質問したりしてはダメだ。知識があっても、無難なことしか言わない。

医師の診察でじっくりと話を聞けることは少ないので、薬剤師から病状などを質問されると、ついこちらも質問してしまうのだが、結局のところ素人とたいして変わらない無難なことを言うだけだ。当然だが、医師の診察分野は、細分化されている。その細分化された分野で医師が処方した薬について、薬剤師がそれ以上の詳しい知識を持っているはずがないし、慢性病の場合は患者もそれなりに詳しくなっている。それでもし薬剤師に聞けば、最終的に「相談は医師にしてください。」となる。

主はアレルギー体質で、長年アトピー性皮膚炎を患っている。大学病院の皮膚科の教授から「アイピーディーという薬を体質改善のために2,3年飲みましょう。」と言われたことがあった。その後、大学病院へ行きつづけるのは大変で、町医者に通っている。このように長く飲む薬というのは、どのように評価したらよいのか(効果の判断がわからない、どうなったらやめるのか?)疑問に思ったので薬剤師に質問すると、大学病院の医師に聞いてくれと言われる。このような時、せめて次回までに調べてくれてもよさそうに思う。それぐらいの勉強はしているはずだ。

医療費は、診察より薬剤費のほうが何倍も高い。薬剤以外に、薬局にかかる費用もあるはずだ。薬を受け取る際には、薬の説明書などや、「お薬手帳」に貼るシールなどを受け取るが、これらは調剤基本料や薬学管理料として上乗せされている。医薬分業になって久しいが、医薬分業の狙いは、薬価差(昔、医院は薬を処方する際に、薬代の仕入値と患者が支払う差額で儲けを出していると言われていた。)をなくすことだった。これが院外処方により医療費の削減につながったかというと、薬剤師は医師の処方通り調剤するのみで、そのような効果は上がっていない。むしろ、医薬分業により調剤コストは増えており、節減には薬価基準の引き下げが大きい。

この調剤薬局の多くは、MR(Medical Representative=製薬会社の営業社員)が起業したものなのだそうだ。MRは、自社の製薬会社のために営業活動で医院を回っている。この営業で生まれる医師とのコネクションを生かし、医院の門前薬局という形で調剤薬局を開店する。 

薬剤師の働きぶりを見ていると、6年間勉強する割には、せっせと薬を棚から取り出し、詰めているだけだ。混ぜ薬も少なくなっているし、処方箋の内容どおり正しく薬を詰めるだけなら、機械でも可能だ。テレビの報道では、実際にコンピューター制御された機械が、薬を多くの棚からピックアップするところがあるらしい。なんで、薬局にはあんなに多勢薬剤師が働いているのか。薬局は、コンビニより数が多いという。

また、最近薬学部は、4年制から6年制へと変更されたが、薬剤師の供給過剰が背景にあるのだろう。多くの薬剤師は、専門家であるという幻想をすでに抱いていなさそうに見えるが、専門的なことを言わないのであれば、矛盾が多い、おかしな職業だと思う。

また、こうして見ると、医療費が高い原因が透けて見えてくる。

日本の薬の値段は、世界水準では異常に安いという。つまり、医療費が老人医療のせいで膨張し、その膨張を抑えるため、政府は診療報酬と薬価を上げないばかりか、むしろ、下げて、医療費を抑制しようとする。しかし、国民皆保険制度は、75歳以上の老人は基本的に1割負担である。こうした助成は、確実にマーケットの需給を歪ませる。 つまり、必要がないのに医者へ行く患者が多数現れ、医療費を膨張させる

こうした老人を優遇する医療制度と、生きてさえいれば成功とする医師の条件反射のような救命マインド。安楽死を否定する司法の判断。延命を常に唱えるマスコミの報道。一般大衆は、いつまでも生き続けたいという無理な願望を持つように洗脳されているのではないか。

そして、必要がないのに医者へ行って治療を始め老人たちは、やがて死期が近づいても、体中にチューブをつけられて生かされる。天井を向いて、生きているのか死んでいるのかわからない老人がチューブにつながれて碌に意識もない、というのは本人も望まない、尊厳を踏みにじる虐待でしかない。

おしまい

 

消費される音楽 グレングールド考 その5

音楽は、本来消費されるものではないはずだ。良い音楽は、いつまでも良いし、時代とともに進化し続けるというものでもない。 ところが、音楽雑誌、新聞の音楽欄、各種音楽紹介本などでは、音楽評論家の諸先生がもっともらしく次々と新しく素晴らしい演奏、演奏者を紹介して下さる。何処で、誰々が至高の演奏、今世紀最大の精神性を発現した演奏をしているので買いなさい!といった具合だ。新しい演奏に特別の価値があろうとなかろうと、音楽ファンは評論家の皆さんのご意見に従って、これを有難がって手に入れようと思う。音楽評論家は値打ちのないものを、いかに値打ちがあるように音楽ファンに思わせる。音楽ファンの方は、評論家の言葉に踊らされ一種の洗脳状態、自己暗示にかかり、蒐集欲を満たさないとならないという強迫観念に陥る。もちろん、音楽も一つの産業だし、音楽評論家も立派な職業であり、この分野もほかの分野と同様、次々と新しく生産し、古いものは廃棄しなければ、経済が回っていかない。消費のためには、人々に幻想を植え付けることが必要なのだ。

だが、音楽の価値は、この経済サイクルとはもちろん違うところにあり、こうした評論家の意見に踊らされるのは、愚かだ。

ブログの主は、カナダ人ピアニスト、グレン・グールド(1932-1982)の熱心なファンだ。彼の奇抜ともいえる演奏スタイルや彼の生き様がよく知られているが、他のピアニストと本質的に違っているところは、対位法的に弾く点だろう。普通のピアニストは右手の旋律に左手で伴奏を付ける。ところが彼は、右手、左手だけではなく、3つ、4つの旋律を同時に明晰に弾き分ける。多くのピアニストは、和声(和音)を楽譜通りに弾いて、そのうちの主旋律のみにフォーカスする。ところが、グールドの関心は、対位法的な表現をすることにあり、和音は複数の旋律の重なり合いだ。普通のピアニストは、このように複数の声部を同時並行しながら明晰に弾けない。このために『一人で、まるで連弾しているようだ』、『曲の構造が明晰にわかる』、『再作曲している』などと評される。 グールドは結婚をしなかったが、友人の指揮者ルーカス・フォスの妻で画家のコーネリアと不倫関係になり、彼女の子供たちと一緒に数年間、家族生活を過ごしている。このコーネリアが映画「天才ピアニストの愛と孤独」の中で「(グールドは作曲家が作った曲を)時計の様にいったん分解して、もう一度組み立てるのだけど、元の時計とは違ったものになっている。」と言っている。

こういう手法は、対位法の大家ともいえるバッハに特に向いている。このため、バッハ演奏に関するグールドの評価は非常に高い。主は、時々、グールドの演奏と他のピアニストのバッハ演奏を比較するのだが、他のピアニストの演奏は、つまらないと思ってしまう。(ただ、モーツァルトなど対位法的要素が少ない作曲家の作品は、一つのメロディーをさまざまに装飾したり変形させたりするもののため、グールドのアプローチは、他の演奏者がやっていない独創的な演奏方法を目指すことになり、これが成功しているかどうか、好悪が分かれるところだ。)

グールドの録音の姿勢は、スタジオに何日間もこもりながら、何通りもの演奏方法のアプローチの中から最終的に選択した演奏のうちから、なおかつ、もっとも上手く弾けた演奏をつなぎ合わし、彼の考える曲の構成に合致する納得のいく演奏に仕上げるというものだ。グールドは、バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」でデビュー(1956年)し、2回目の録音が遺作(1981年)となったが、デビュー盤のアリアはテイク21、遺作の変奏曲は、テイク26になったものがあるそうだ。(ピアニストに神がかり的な演奏ができる瞬間があると信じる人々にとって、こうした作為的な行為が一番反感を買う点だろう。) 他のピアニストが、スタジオでこれほどの集中力を見せているのか正確なところを知らないが、ここまでの集中力は発揮出来ていないだろう。また、グールドの「ゴールドベルグ変奏曲」デビュー以前は、バッハの鍵盤曲は、チェンバロで演奏するのが正しいとする音楽界の通念があった。だが、彼の演奏が、難解で楽しくないとされていたこの曲の評価を全く一変させ、バッハの鍵盤音楽を表現力豊かなピアノで演奏することがふさわしいことを証明した。彼の録音の後にこの曲を弾いた演奏者は、全員グールドの演奏から影響を受けていると言っても過言でない。(出だしのテーマから多くのピアニストがグールドの弾き方に倣っている。)

誰の演奏に限らず音楽は、イージーリスニング的に聞き流していては、正しい評価はできない。(これが、結構困難なのだが。)

特にグールドの音楽に対する集中力は、異常なレベルまで高い。彼は、すべて暗譜で演奏する。シェーンベルグなどの抽象的な曲は、ピアニストにとっても暗譜すること自体が困難だと言われている。また、すべての歌曲や交響曲のスコアを頭脳にインプットしており、音楽DVDでは、バッハの平均律のフーガを例に挙げながら、4声あるなかからバスを選び、曲の途中から歌いながら弾いてしまう。

また、多くのピアニストは、リズムを揺らすのだが、意図したものではなく演奏の技術的制約から来ていることが多い。どんな曲にも、演奏が困難な個所があり、演奏者はその部分を弾きこなせるように曲全体の構成を変更し、逆算しがちだ。

グールドは、インタビュアーから「演奏に困難を感じることはないか?」という質問に「技術的な困難さに意識を向けると、ますます演奏は困難なものになっていくでしょう。表現するために、エクスタシーの中でも常に明晰な意識を保ち続けることです。」と言っている。グールドの弾く曲は、全体の構成が一種の構築物のように明確だ。その構成の中で、リズム、音量、ペダルの使用などを効果的に決定している。彼の演奏を聴いていると、テクニック上の問題は微塵も感じられない。

 

 

PCオーディオ その2(日本オーディオメーカーの衰退)

2014年10月現在、大手メーカーのソニーやテクニクスなどのハイレゾ参入など、事情がかなり変わってきました。以下の記事は、2013/12/20に書かれたものですので、ご承知ください。

プアニューギニアから日本へ休暇一時帰国している。相変らずカナダ人ピアニストのグレン・グールド(1932-1982)ばかりを繰り返し聴いている。向こうでは仕方なく手軽な機器で聴いているので、自宅のPCオーZODIAC.jpgディオの音の良さを改めて再発見することになった。 自宅にはオーディオセットが3組!(女房が使っている物を入れると4組!)あり、どの部屋もネットワーク経由でハードディスクに入った音楽データを再生することが出来る。そのうちメインに使っている機器は、100万円以上費用ががかかっている! 左が50万円以上するDAC(デジタルアナログコンバーター。アメリカ製)写真の右側が電源部、左側が本体である。右側は単なる電源アダプターなのだが、低ノイズを謳っておりこれだけで10万円!する。オーディオの世界は、値段の高いものがいくらでも売られているので、これより高いDACもあるが、この値段は高額な部類に入ると言っていいだろう。さすがに我が家にある他のDACとは全く違うレベルで、原音を忠実に再現する。グレン・グールドはマイクをいろんな距離において、ピアノの音を録音をしている。今回我が家に帰って気づいたのだが、近くに置いたマイクと遠くに置いたマイクを違うチャンネルに録音している!この両方の音が聞こえるのだ。かなり静かな曲のインベンションとシンフォニアを聴いてその二つの音を聴き分けれることに気付いた。この現象はヘッドホンの場合に気付くことができた。

下はスピーカーとアンプ。こちらは、両方で50万円ほど。この値段くらいだとマニアックとまでいかないだろう。スピーカーはイギリスのB&Wという会社の製品。

B&W遙か昔のブログの主の青春時代、40年前は広くオーディオブームだった。若い男は決まってオーディオマニアだった。どこのスピーカーが良いとか、レコードのターンテーブルがいかに正確に回転するとか性能に皆うるさかった。当然ながら、オーディオ分野に多くの日本のメーカーが存在した。スピーカーに限ると、タンノイやJBLの海外スピーカーがジャズ喫茶(おー、何と懐かしい響き!!)で名声を馳せていた。しかし、部屋で聴くスピーカーは日本製品だった。 ところが時間がたつにつれオーディオはじり貧になり、死語になったかというくらいに売り上げが落ちていく。ウオークマンがヒットし、その後iPodなどに取って代わられるが、高級アンプやスピーカーを部屋に置いて音楽をじっくり聴くというスタイルは、限りなくマイナーな存在となる。

40年前、履歴書に無難な趣味として「音楽鑑賞」と書いたものだが、今は音楽を「鑑賞」すると表現しないのではないか。「鑑賞」という言葉には、対象を幾分有難く思う雰囲気がある。突然だが、ピアノもそうだろう。高度成長期、猫も杓子もピアノの存在が教養の証のように思われ、有難がってピアノが売れた時期があった。時代は変わったのだ。生活が貧しくなった、余裕がなくなったと解釈することもできるだろう。そうではなく、「音楽鑑賞」やピアノの向こうに有難いものなどないのだと化けの皮がはがれたのかもしれない。

オーディオは特殊な存在となり、いつの間にやらミニコンポに取って代わられた。ミニコンポは、中学生、高校生あたりをターゲットにした値段の安い値段のものが中心で、大人向けに少し高級志向の製品が僅かに並んでいるばかりだ。 

こうした凋落の歴史があり、高級オーディオの分野は、今では欧米の製品がほとんどを占めている。スピーカーは、欧米メーカーの名前で売られているが、実際の組立は中国でやっており、コストパフォーマンスが非常に高い。海外には特長のあるメーカーがたくさんあり、昔と比べるとコストパーフォーマンスが上がっている。小さなスピーカーでさえ、びっくりするほど良い音がする。スピーカの形もずいぶん変わったものが出ている。

日本メーカーはテクニクス、ダイヤトーンがなくなり、残っているのはONKYO、パイオニア、ビクター、ヤマハといったところで、幅広くオーディオ製品を作っているのはONKYOだろう。だが、このONKYOも買いやすい値段の商品を主流にしている。国内市場の縮小が原因で、日本メーカーは技術開発で海外勢に後れを取っていると感じる。また、コスト競争もまずいが、何より魅力のある品が日本製品には少ないことが、一番大きな問題点だろう。

アンプも同様だ。日本製はONKYOなどが頑張っているが、多く売れるところを狙っているのLUXMAN_thumb.jpgで、高級品の定番製品はない。高級品では、ラックスマンやアキュフェーズといったマニアックなメーカーが従来の路線で支持されている。日本製は重さで勝負(これまでの常識では、高級品には電源に余裕を持たせるために大きなコンデンサーを使ったりヒートシンクも巨大になるので、必然的に高級品は重かった)、真空管方式もありますぜといったスタンス。

ところが、近年海外勢はユニークなデジタルアンプを次々発表している。時代の先端を行くユニークな高級デジタル製品が出ているのだ。日本製は少ない。

主は結局のところ、日本製で評価の高いアンプ、ラックスマン。ラックスマンは昔ながらの重量(30KG)があり、この重さで音質を稼いでいるアンプだ。

このデジタルの技術革新に伴い、PCオーディオのブームがやってきた。パソコンとネットワークを使うとCDプレイヤーのような回転装置が不要になる。というより、何十万円もする超高級CDプレイヤーと同等のレベルの音質で聴くことが出来る。また、CDの規格は30年以上前に作られたもので、今は高品質で録音をしたものを、わざわざダウンサンプリング(品質を落と)してCDが作られている。この矛盾をインターネット経由でPCへとデータを取り込むことで解消し、品質の高い音楽データが手に入る。また、DAC(デジタルアナログコンバーター)とヘッドホンさえあれば、最高の音質をコストをかけずに楽しめる。昔は、アナログ接続が基本で、高級パーツを揃えてもたった1本のケーブルがボトルネックになったのだが、今や接続方法に無線や光などという手段もあり、事情が変わってきた。

これがきっかけで、主の「音楽鑑賞」の趣味が復活した。安い値段の装置でも、アナログと比べると非常にいい音で再生できるのだ。主は、古い録音(1950年~1960年代に録音されたCDなど)は、音質が悪く、いくら演奏が優れていても感動を呼び起こさないものと諦めていた。しかし、PCオーディでは昔の録音が、その当時の最高級アナログ再生装置を使ったかの如くリアルに再生できるのだ。

手軽に昔のCDを高音質で聴けることが、皮肉な現象を引き起こしている。主と同じようなオールドファンは、昔の巨匠の演奏ばかり聴き、タワーレコードなどのショップでも現代の演奏家より昔の演奏家のCDが多く並んでいる。理由の一つは、現代の演奏家の新譜は値段が高いことだ。また、現代の演奏家の新譜にどの程度価値があるのかわからず、冒険しづらいというのも理由だろう。片や若者は、レンタルやYOUTUBE、iTUNESなどで曲を手に入れており、CDはまったく売れなくなっている。

演奏のレベルは時代の経過に必ずしも比例しないのだ。今や録音技術が進歩していても、コンテンツのレベルが上がっている訳ではない。昔の方がハイレベルな場合も十分にあるのだ。こうして埋もれていた音源(ソース)が生き返えったのだ。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。