スマホ 格安SIM(MVNO)契約

EXPERIA左は、ソニーのEXPERIA Z3。パプアニューギニアから日本へ帰国した後、ちょうど良い機会と考え、ガラケーから格安スマホに切り替えた。

きっかけは、大手キャリアのスマホは通信料だけで毎月5000円以上かかり、スマホ本体の支払いを入れると7000円以上になると知り、なんとかならないかとあれこれ考えた。

ネットで調べると、SIMフリーの開始が報道されていたが、結局、MVNOと白ロムのスマホ本体の組み合わせに行き着いた。(AEONなどのショッピングセンターやYAMADA電器などの大手電気店でも、格安SIMを使ったスマホを販売している。これとまったく同じなのだが、個人で好きなスマホを買った場合に、どうするかという観点で読んでもらえるとありがたい。)

http://kakuyasu-sim.jp/merit-and-demerit

詳しいことは、上のリンクを見てもらえるだろうか。似たような解説サイトや宣伝サイトはたくさんあるが、分かりやすい。

リンクの内容を引用しながらMVNOを解説すると、「読み方はエムブイエヌオー、英語だとMobile Virtual Network Operator、日本語だと仮想移動体通信事業者。何のことを言っているのかというと、格安SIMを提供している会社のことをMVNOといいます。例えばDMM mobileやIIJmioなどをMVNOといいます。MVNOは基本的にドコモの回線と設備を使って携帯電話サービスを提供しています。(auの回線を使っているMVNOも2つだけあります)」とある。

http://kakuyasu-sim.jp/shirorom

白ロムについての解説は、やはり同じサイトの上のページに詳しく書かれているが、簡単に言えば、大手キャリアが販売するもので、SIMフリースマホより安い。海外でSIMカードを購入して使う場合は、SIMフリースマホでないとならない。

要するに、従来の大手キャリア(こちらはMNOと略される。すなわちMobile Network Operator で Virtual がないであるドコモ、AU、ソフトバンクのスマホの契約内容は、制限のないフルスペックなものとなっている。言い換えると、通信量の少ない契約者が、通信量の多い契約者を支える料金体系になっている。また、キャリアを変える乗り換え割の財源を、キャリアを変えない契約者が負担しているということもある。

そんなこんなで、従量制の格安SIMに乗り換えることにした。参考までに、主の契約プランは、音声付き、3GB/月、1600円/月だ。以下は、具体的な手順である。

① 使いたいスマホの機種を決める。 スマホを選ぶ際には、格安SIMの会社(大手量販店の格安スマホもこのカテゴリーに入る)が販売しているスマホを選ぶか、好きな白ロムの本体をネットで買うかの2種類がある。格安SIMの会社が販売しているスマホは、全般に安い機種が多い。白ロムを通販で買う場合は、新しい機種や人気機種を選ぶことが可能だ。しかし、本当の最新機種、iPhone6s や Experia Z5 などの白ロムは、ある程度時間が経たないと購入できないようだ。また、白ロムを選択するときは、格安SIMの会社でそのスマホが対応しているか確認することが必要だ。のちのち、電話サポートなどを依頼するときなどに動作確認リストに入っていないと厄介だと思われる。

② 格安SIMの会社を選ぶ。 格安SIMの会社はたくさんある。同時に、調達するスマホ本体に合わせて、SIMのサイズを選ぶ。

③ 音声付きか、データのみのプランにするかを選ぶ。 音声なしを選ぶと電話番号をもらえず、インターネット電話(LINEやSKYPE)で済ませるというのであれば、その分安いプランを選べる。月あたりの通信量が問題となるが、動画をあまり見ずに、ネット、メールと電話くらいといった使用方法であれば、2GB/月でも十分だと思う。不自由を感じればプランを変更できるはずだ。

④ MNP(Mobile Number Portability)の手続きをする。 電話番号を変えない場合は、転出元のキャリアでMNPの手続きをして、番号を発行してもらう。この番号が③の申し込みの際に必要になる。量販店などでは、即日MNPできるようだ。

⑤ 電話帳や写真を移行する。 今は、ガラケーをスマホに機種変更する場合に、ショップは「データ移行は、個人情報保護法の制限があるので、自分でして下さい」と言うようだ。主は、ドコモショップに置いてある機械で、AUガラケーからスマホへ移行しようとしたところ文字化けしてしまい、しばらく使い勝手が悪かった。後で判明したのだが、AUのホームページにはデータ移行について書かれたページがあり、ソフトをPCへダウンロードして無事移行することが出来た。

⑥ その他必要条件など。 格安SIMの申し込みに、本人名義のクレジットカード、身分証が必要だ。白ロムを買う場合、スマホ以外にパソコンなどインターネット環境があると、トラブルなどの調べ物ができるので何かと便利だ。また、自宅にWIFI環境があれば、格安SIM会社との契約で安いプランを選べる。白ロムの場合、キャリアが販売元になるので、街角のドコモショップやAUショップで、初期不良や相談に乗ってくれる。

こうして考えると、すでにスマホをキャリアで契約している場合でも、格安SIMに切り替えれば、月々の使用料が安くなる。

安倍首相が9月11日の経済財政諮問会議において、携帯電話料金の引き下げを検討するよう指示したのだが、炯眼と言わねばならない。現在のキャリアの料金は、実に大きな矛盾をはらんでいるからだ。

 

 

 

 

 

SACDプレイヤー YAMAHA CD-S3000 vs 老人性難聴!

 

CD-S3000左の写真のSACD(Super Audio CD)プレイヤー、YAMAHA CD-S3000を主が買ったのは、半年ほど前だ。カナダ人ピアニスト、グレン・グールド(1932-1982)のSACDが10組ほど発売されており、それのみを聴くのが目的で、実際にそうしていたが、9月にソニーからグールドの生前の正規録音81枚がDSD方式(=Direct Stream Digital:後述)でリマスターされたCDセットが発売された。これをパソコンにリッピングせずに、そのままこのプレイヤーで再生すると、意外や意外、パソコンで再生するのと変わらず良い音で再生される。このSACDプレイヤーは約50万円する。やはり、このクラスになると原音に忠実ということなのだろう。こうした意外性は、安物のCDプレイヤーではあり得ないと思う。CDをリッピングしてパソコンへ取り込み、DAC(Digital to Analog Converter)経由で音を出すというPCオーディオの方が、安価で良い音が手に入ると思う。

 

P1090282

こちらが、部屋の装置の写真である。ラックの上段が、YAMAHA CD-S3000である。下段が、プリメインアンプのLUXMAN L-550AX。この二つは日本製だ。上面に乗っているのがDACのZODIAC GOLDと電源部のVOLTIKUSである。ホームページをみたらブルガリア製だった。右の黒い箱ははタワー型のファンレス自作パソコンである。上に載っているのは、SSDが刺さったストレージのアダプターだ。さらに右の背の高いのが、スピーカーB&WのCM8。こちらはイギリス製だ。

ここまでは、そこそこオーディオに凝っているという話である。

他方、人間の可聴帯域は20Hz~20000Hzとされているが、主は10年ほど前から常に、高音の耳鳴りがする。常にピーとかキーンとかいう高音が鳴っている。あまりにずっと鳴っているので、慣れてしまい、特に日常生活に不自由があるわけではない。

こうしたところ、2015年3月にNHKの「ためしてガッテン」で高齢者の耳鳴りについて放送があった。高齢者は加齢による難聴により、脳へと高音の情報が入ってこなくなり、それを補おうと脳が高音に対する感度(ボリューム)を上げ過ぎる、それがピーとかいう高音の耳鳴りの正体だそうだ。結論は、高音を強調する補聴器をつけることにより、脳がボリュームを上げることがなくなり、耳鳴りも消えるので、耳鼻科に行きましょうというものだった。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20150304.html

この番組を見て、耳鳴りの相談に耳鼻咽喉科へ行ってきた。医院で主の可聴範囲を調べたところ、高音部で8000HZあたりからグラフが下がってしまう。聞こえが悪くなっているのだ。自宅でも、YOUTUBEの可聴範囲を調べるサイトで試したところ、確かに8000Hzを超えると徐々に苦しくなり、12000Hzでとぎれとぎれになり、13000Hzから完全に何も聞こえなくなった。

こうなると、ハイレゾ(High-Resolution Audio=CDより高解像度なオーディオ)もへったくれもない、主の言うことには説得力がないと言われねばならない。

CDは、16bit 44.1KHzで、高音は22,000Hzまで出る規格だ。CDに対し、ハイレゾにはCDの方式を高規格化したPCM方式と、SACDに使われている録音方法であるDSD方式の2種類がある。PCMのハイレゾとしてよくある規格に24bit 192KHzというものがあり、CDと比べると1000倍(8bit(=24bit-16bit)×192/44.1≒256×4)のデータ量になる。データ量が多い分、良い音がするはずだ。

下が二つの方式の概念図である。上はPCM方式、下がDSD方式である。白い波型が音型で、これを再現するためにPCM方式は、均等なピッチで、緑のグラフの高さにより表現する。PCM方式のハイレゾの場合は、サンプリングの割合(頻度)が細かく(高く)なる。下の方のDSD方式は、波形をあらわすのに粗密で表現しているのがわかるだろうか。DSD方式の方が、人間の耳には自然に聞こえると言われている。

PCM-vs-DSD

出典: http://shobrighton.blog.jp/archives/35655302.html

年齢とともに高音の聴力は落ちるのは間違いがない。しかし、一番良い音は生演奏であり、順に、DSDのハイレゾ、PCMのハイレゾ、現在のCDの規格であると結論付けることはできる。音質は、高音だけで構成されるものではないからだ。

ただ、グレン・グールドの最初の録音は1955年で、今から60年も前であり、当時はモノラル録音だった。1958年頃からステレオ録音になるのだが、主がもっぱら考えているのは、これらを良い音で聴きたいということだ。最近の録音であれば、主は、YOUTUBEで聴く音楽でも十分に美しいと思っている。問題は、何といっても演奏の質だ。これに尽きる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。