グールド 他にない 《J.S.バッハ ヴァイオリンソナタとチェロソナタ》

グレングールドは、バッハのヴァイオリンソナタ全6曲をハイメ・ラレードととチェロソナタ全3曲をレーナード・ローズと正規録音で残している。

これらの曲が他の演奏者とまったく違う。普通であれば、ヴァイオリンソナタであればヴァイオリンが主役、チェロソナタであればチェロが主役で、ピアノは伴奏であり、脇に控え小さな音で独奏楽器の引き立て役をするのだが、グールドの残したこれらの曲は、ピアノの存在感の方が大きく、対等どころかそれ以上に目立っている。

たしか、グールドより年長でキャリアも十分なレナード・ローズは、どこだか思い出せないので申し訳ないのだが、どこかでこの録音を「マニア向けの特殊な演奏」という風な意味のことを言っていたと思う。この意味は、これらの曲は本来、ヴァイオリンやチェロのための曲なのに、グールドはあたかもピアノを加えた曲全体へ公平に光を当てようとしている実験的な演奏、というような意味なんだろうと思う。

グールドは、他の曲の場合でも曲全体にスポットをあてているのだが、これらの曲を聴いていると実に面白い。基本的には、主旋律を担当するヴァイオリンやチェロのメロディーが目立つので、親父の耳はこれを追っているのだが、グールドの弾くピアノのメロディーが対等に割って入る。ときに、そのメロディーの方に耳が行ってしまい、ピアノを聞いているのか、ヴァイオリンを聞いているのか錯覚することがまま起こる。弦楽器と、ピアノのソプラノ、アルト、バスがそれぞれ入れ替わりながら、メロディーを奏でる。変化があり、飽きさせない。

また、ピアノの方は、たいてい3声(あるいは4声?)で書かれているので、ソプラノのメロディーを聞いているうちに、アルトのメロディーが出てきたり、バスのメロディーに交代したりして、弦楽奏者と合わせて4人の合奏のように聞こえたりもする。

グールドのリズム感があまりに正確ではっきりしているので、弦楽器奏者の方は、勝手にリズムを崩せないということもあると思う。また、楽器の特性上、ピアノは鍵盤を叩いたときに一番大きな音が出るのに対し、弦楽器は一番大きな音が出るのは、弓で弦をこすった瞬間ではないので、リズムがぼんやりしがちということもあるだろう。

こうして、ハイメ・ラレードとレナード・ローズは、グールドと主役が入れ替わった演奏に決して甘んじているいるわけではないが、名人芸を披露するという機会を取り上げられ、ピアノと弦楽器が一体になった穏やかでゆったりとした演奏をしている。

下が、ハイメラレードと演奏したヴァイオリンソナタである。(このあと、自己主張を譲らなかったユーディ・メニューインと比較してほしいのですが、ヴァイオリンソナタ第4番は47分21秒から始まります。)

ここではYOUTUBEを張り付けていますが、なるべくならリマスターされたCDなどを聴くのが音的には良いと思います。

さて、共演者が変わって、大人気の巨匠ユーディ・メニューインとも、グールドはヴァイオリンソナタの第4番を録音している。こちらのユーディ・メニューインは、名人らしく緊張感のある美しい演奏をする。グールドのピアノにイニシアティブを取られまいとして、これはこれで丁々発止で火花が散るような演奏で、違った聴きごたえがある。

こちらがその演奏である。

こちらが、レナード・ローズと録音したバッハのチェロソナタ(原曲は、チェンバロとビオラ・ダ・ガンバ用の曲である。)である。レーナ―ド・ローズは、「しかたないなあ。ひとつ、グールドの言うとおりにやってやるか」と言う感じで、付き合ってるに違いない。しかし、実際に出来上がったものは、お互いの楽器が最高のバランスで、最高に美しく穏やかなメロディが、手を変え品を変え奏でられる。

グールドは、ゴルトベルク変奏曲のアメリカ録音以前から、ストラトフォード音楽祭で、レーナ―ド・ローズと音楽祭を主宰する側をやっていた。このストラトフォード音楽祭は、実験的な演奏が許される場でもあり、《拍手禁止計画》(正確には、「拍手喝采およびあらゆる種類の示威行為を廃止するためのグールド計画」(グレン・グールド著作集2))を実行したりしたこともある。

おしまい

なぜグールドにハマったか その2HEREAFTER(時の向こうへ/来世)

グールドの映画に《HEREAFTER(時の向こうへ/来世)》という映画がある。

2006年に公開されたものだが、ブルーノ・モンサンジョンが未公開映像を交えながら、グールドの生涯と作品を振り返ったものだ。プロのヴァイオリニストでもある映像作家のブルーノ・モンサンジョンは、グールドが1982年に亡くなる直前に、グールドとバッハの演奏(ヤマハのピアノを使って録音したゴルトベルク変奏曲や、フーガの技法など)を残しているグールドの良き理解者である。晩年のグールドに若いときの勢いは影を潜め、思索的、瞑想的な演奏へとウエイトが移り親父は大好きだ。

日本のイメージに使われた竹林

この映画の中には、1970年代に日本の女性ファンがグールドに書いた手紙に対する返事を、グールド研究の第一人者である宮澤淳一氏がその女性に届けるというシーンが出てくる。この手紙を出したファンというのは、写された手紙の名前と、《グレングールド書簡集(みすず書房・宮澤淳一訳)》から推測すると、どうやらチェンバロ、シンセサイザー奏者の岡田和子さんらしい。この《書簡集》には、他にも日本人のファンに対するグールドの返信がいくつか掲載されていて、グールドはファンレターに返信していたらしい。また、こういうシーンに日本人が出てくると、ぐっと身近に感じられる。

その《HEREAFTER(時の向こうへ/来世)》から、いくつかエピソードを紹介したい。

この美しい女性は、1982年のゴルトベルク変奏曲の再録音を聴いてグールドのファンになり、カナダの街角で、グールド作曲の弦楽四重奏曲のテーマの4音をモチーフにしたデザインを入れ墨に彫った。彼女の語りが素晴らしい。

「私はグールドについて全く何も知りませんでした。彼が1982年に録音した音楽を聴いてその魅力に夢中になりました。私は、以前から闇に包まれたような音楽に惹かれていました。瞑想にふけるような1982年の録音は、まさに最高の録音だったということもあるし、それからいくつかのカノンは極端にゆっくりしていて本当に驚くべき美しさをもっています。特に、その緩慢なリズムはグールドの生涯では遅い時期に生まれています。 同時に彼のハミングが聞こえてくる。私の先生は、ある人たちにはうるさく聞こえるかもしれないこのハミングを、ピアノを演奏する人間が感じられて力強い、と言っていました。」

「この四重奏曲は私の中に大きな跡を残しました。トロントまでグレン・グールドが生きた場所の巡礼に行ったとき、偶然街角の店の前で小さなプレートを見かけたのです。その時私は、『この4つの音はすごい力を持っている!』と思いました。このモチーフは伝記に載っていたものです。私はレコード屋で働いていたボブという男性にこのモチーフをコピーしてほしい、と頼みました。彼ははじめTシャツ用だと思ったみたいです。翌日Tシャツをめくって「さあ、始めて!」と私が言ったら、ボブははじめショックを受けていましたが、その後は、彼の悪魔的な部分が目覚めたのか、なかなかクールじゃないか、と思ったみたいです。ふつう入れ墨されるのは、ヘビーメタルのグループ名ですが、これはクラシック音楽の演奏家のためでしたから。」 

背中に彫られた入れ墨・グールドが作曲した弦楽四重奏曲の冒頭の4音

下の女性は、病気で生きる望みを失っていたのだが、グールドを知り、生きる希望を取り戻した。彼女は、知人たちにグールドを知らせる活動を始め、この活動を「グールドする」と命名した。知らされた人は、グールドの演奏と写真を知人に伝えなければならないと言う。親父も、おそらくその使命を帯びた一人のような気がする。皆さんも是非、「グールドして」くださいね! (^^);;

この映画の最後にドイツ人の音楽学者、作曲家で作家のミヒャエル・シュテゲマン(Michael Stegemann)が登場する。この人は、グールドの映像をどんな風に加工しているのか、ウィットが効いていて、あたかも対話するような動画を作っている人物である。この人が作った3枚組のSACD/CDハイブリッドの《Glenn Gould Trilogy》という作品が別にあるのだが、これも面白い。すべて英語なので、親父の耳には荷が重いのだが、グールドの生涯が伝記風に、グールドの音楽に乗せてグールド自身と関係者の声で語られる。SACD/CDハイブリッドなので音質も良く、とても良いです。

おしまい

なぜグールドにハマったか 口コミの威力はデカい!(その1)

親父がグレン・グールドにハマった原因を一言で言えば、やはり映画だろう。おそらく、身近な人たちが映像に登場して話をすることのない、CDやストリーミングの音楽だけを聴いていたのであれば、このようなオタクにならなかった気がする。

もともとは、TSUTAYAのレンタル映画で、「グレン・グールド~アルケミスト(錬金術師)」と「グレン・グールド エクスタシス」という2つを借りて、パソコンにコピーし、なかなかいいなあと思いながら何度か観たことがあった。(一般に、レンタル映画をパソコンにコピーしたりはしないものだと思うが、親父はパソコンオタクでもあり、音楽CDも映画もパソコンに取り込んで鑑賞している。)

エクスタシス
錬金術師

しかし、本格的にハマったのは、渋谷道玄坂の映画館ユーロスペースで2011年10月に公開された、「グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独」を観たのがおそらく契機だと思う。

その時の映画館で流されるグールドの演奏が素晴らしかっただけではなく、流れる音楽の音質も素晴らしかった。デカい画面と広い空間でとても良い音がした。グールドは1982年に亡くなっているので、親父がCDなどで持っているメディアと、音源は同一だと思った。それなのに、これだけ自然な本物の音がする。オーディオの性能を上げれば、ここまで良い音で聴けるはずだと確信し、オーディオに投資するようになったきっかけでもある。

 ところで、親父はこの映画を見た後で、ブルーレイ版のこの映画を買ったのだが、中古品販売サイトで当時の価格の約2倍ほどの値段で販売されている。グールドの人気がいつまで経っても衰えないのがわかってもらえると思う。


左が、この時の「グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独」のポスター、上が、YOUTUBEで見られる予告編である。

肝心の筋の方なのだが、この映画なかなかよくできていて、グールドの演奏が全編に流れる。音楽映画の良いところは、シーンに合わせて選曲された、素晴らしい曲のハイライトというべき部分が流れることだ。前に言ったが、出てくる人、出てくる人が、口々にグールドを絶賛する。そのセリフに実に説得力がある。そうして徐々に親父の頭が洗脳されたような気がする。

映画で語られるグールドを絶賛する皆さんのセリフを、以下にコピーしてみた。なお、字幕の監修はグールド研究家の第1人者の宮澤淳一さんである。映画のセリフは、映画の制約上限られた文字数で翻訳されているが、実際の語り口はもっと長いと思って見ていただけたら幸いである。 

最初に紹介するのは、映画冒頭の部分である。カナダの美しい自然の場面が流れた後、ベートーヴェンのピアノ編曲された交響曲第6番「田園」の第1楽章の演奏風景が流れる。

  • コーネリア・フォス(作曲家ルーカス・フォスの奥さんでグールドと不倫関係にあった)「彼の知性と傲慢さに心を奪われたの。それに何といってもハンサムだったし」
  • レイ・ロバーツ(晩年のグールドのアシスタント)「死後すでに25年が過ぎた。だが今も注目を集めるグレンのように語り継がれる人間は決して多くない。」

映画は、タイトルクレジットが流れ、本編が始まる。バッハのゴルトベルク変奏曲の録音風景が写されている。

  • ハイメ・ラレード(ヴァイオリニスト)「これまでに演奏されたバッハとまるで違っていた。とにかく圧倒されたよ。天才だと思った。」
  • ウラジミール・アシュケナージ(指揮者・ロシア出身のピアニスト)「私もバッハはよく演奏した。皆それぞれの解釈でバッハを弾いていたが、彼の演奏には驚いた。自然で明快なバッハだった。」
  • フレッド・シェリー(チェリスト)「『いったい何者だ』と思ったよ。音の粒立ちがよく左右の手が自在に動く。まるで1人で連弾しているようだった。彼のピアノには本当に驚いた。人間離れしたすばらしい演奏だった。」

グールドがバッハのゴルトベルク変奏曲で一流ピアニストの仲間入りした後、1957年に冷戦真っ最中のソ連へ演奏ツアーに行く。このとき、大成功を収めたときのものだ。最初誰もグールドを知らないということと、バッハは人気がなかったため会場は閑散としているのだが、いざ演奏が始まると、40分間ある休憩の間に知人を誘い、後半には会場が満員になった。画面にはバッハのフーガの技法がかなり使われている。

  • ウラジミール・アシュケナージ(指揮者・ロシア出身のピアニスト)「誰もグールドを知らないから会場は閑散としてた。バッハは尊敬されていたが、バッハの演奏会は人気がなかった。」
  • P.L.ロバーツ(長年の友人)「そのうち聴衆は外に出て知人に電話をかけ始めた。『すごい演奏だ。彼は天才だ。』と相手を誘った。後半、会場は満員さ。」
  • ウラジミール・アシュケナージ「完璧な演奏だった。すばらしい演奏技術だったよ。彼の奏でる音は完璧にコントロールされていた。こんなバッハは始めてだと皆が思った。」
  • ジェイムズ・ライト(グールド研究者)「ソ連の聴衆に感想を聞いたら、まるで宇宙人だと言っただろう。この天才の演奏と高い芸術性は、ソ連の人びとの感性に訴え大きな衝撃を与えた。」
  • ウラジミール・アシュケナージ「私たちは隔絶され価値尺度は制限されていた。グールドの演奏が高く評価されたのは若い彼の個性が際立っていたからに違いない。私たちは心の深い部分でそれを理解していた。」
  • ジェイムズ・ライト「グールドの音楽には超越性があったと思う。現実の問題から私たちを引き離し、穏やかな陶酔の世界を見せてくれる。グールドは音楽の持つ力を知っていたし、それは1957年のソ連ツアーで特に歓迎された。」
  • P.L.ロバーツ「彼が求めたのは拍手喝采ではなく、音楽が聴く人の心に響くことだった。彼の究極の願いは、人びとの心の糧になる音楽を届けることだった。」
  • フレッド・シェリー(チェリスト)「いつの時代も演奏形態は多様だ。グールドが演奏をはじめた頃は多くの巨匠がいた。ホロヴィッツ、ゼルキン、ルービンシュタイン、偉大な音楽家がひしめいていた。しかし、グールドだけが作品と作曲家の内面に侵入し、その反対側に突き出た。作曲者に対する共感を通り越し、作品を完全に乗っ取っていたと思う。自分の個性に塗り替えたんだ。」

次に紹介するのは、グールドが亡くなる直前にゴルトベルク変奏曲を再録音し、カナダの大きな教会で葬儀が営まれる場面で流れる。

  • フレッド・シェリー(チェリスト)「グールドは『ゴルトベルク変奏曲』の再録音に取り組んだ。デビュー盤以上に極端な演奏だと評された。これがあのグールドなのかと人びとは驚いた。異常な別人の演奏に聞こえたのだ。若さと高度な技術がある種の思慮深さに変わった。エキセントリックな演奏だが美しさは増した。グールドはあらゆる面からこの曲の可能性を検討した。そしてその深奥を極めた。」
  • PL.ロバーツ「グレンは考えていた。自分が取り上げる音楽には、最良の光を当てたいと、そうすることで聴く人の心に訴えたかったのだろう。それが彼の願いだった。たくさんのファンレターが届いたが、孤独で苦寓にあるファンのものも多かった。不幸に耐えながら感謝の気持ちを綴っていた。『あなたの音楽に救われた。』こうした手紙は彼の心を癒し、満ち足りたものにした。」
  • ジェイムズ・ライト「天才を語る言葉は多くあるが、グールドの本質は謎のままだ。理解したと思ってもまたすぐに分からなくなる。その不可解さがグールドの魅力だ。心の安らぎを得られる場所を得られるかどうかが人生には大切だ。グールドは演奏にのみ安らぎを感じていた。」
  • ケヴィン・バザーナ(グールド研究者)「グールドは単なるピアニストではない。ピアニストとして大成したが、演奏の陰にある彼の哲学を見過ごすことは出来ない。彼はそれを示したかった。創造性にも注目して欲しかったのだろう。作品の解釈において独創性を発揮し、ルネサンス的な『万能の人』となった。」
  • ローン・トーク(録音エンジニア)「この世界を良い方向に導いた。それが彼の功績だ。」
  • ハイメ・ラレード(ヴァイオリニスト)「400年後に地球が存在するとしても、グールドの名前は残るだろう。彼の演奏は永遠だ。価値は失われない。」

次はボーナストラックからである。別れてしまったが、結婚するところまでいった、コーネリア・フォスの話である。

  • コーネリア・フォス「自分に酔うことと自我を超越することは矛盾しない。それどころか相乗効果がある。自分に陶酔すればするほど自我を超越したいと思うものよ。当然の事ね。演奏中のグレンは超越していた。個人としての欲求や恐れなど世俗的な感情を忘れ去ってしまうの。自分自身を森羅万象と融合させることができた。自分を取り巻く宇宙と一体化して、人間としての存在を深めていくことができるの。バイオリニストやチェリストでも同じ、偉大な演奏家ならではの神秘的な境地ね。演奏技術の問題でなく大きな力が働くの。 ある日グレンが、帰ってくるなり息せき切って話し始めた。『大変だよ』『なんなの?』と尋ねたわ。『《グレングールドの精神》という講座がトロント大学で開かれている』というの。彼は身をよじって笑っていた。おかしくてたまらなかったのね。『聴講しなきゃならないよ』『うまく変装して行こう』『最後列に座ればいい』『勉強になるぞ』言うまでもなく2人とも行かなかったわ。だからグレンの精神は分からない。」

おなじく、ボーナストラックから研究者のジェイムズ・ライトの言葉である。

  • ジェイムズ・ライト「グールドはいつも言っていた。『既存のレコードと同じ演奏をするなら改めてレコーディングする必要はない。』道理だね。この主張の意味は、クラシック音楽界への批判だ。ある時点から楽譜どおりの精緻な演奏が主流になった。技術的には見事だが変わり映えがしない。確かに聴く価値はあるだろう。だがグールドが重視したのは楽譜の細部にこだわらず新たな視点を持ち込むことだった。実は作曲家本人は楽譜の細部に必要以上に執着しない。カナダの音楽家はグールドのこの姿勢を受け継いでいる。」

つづく

おしまい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。