GLENN GOULD 中毒 (書籍について)

グレン・グールドに関する書籍をいくつか読んだので、感想を書いてみる。

【小澤征爾さんと、音楽について話をする】

村上春樹、小澤征爾が二人で実際にレコードやCD、DVDを聴きながらの対談を行う。グレン・グールドのみを論じているわけではないが、冒頭にグールドの話題が出てくる。ここで取り上げているのは、ブラームスのピアノ協奏曲1番とベートーベンのピアノ協奏曲3番。ブラームスのピアノ協奏曲1番は、演奏の前にバーンスタインが聴衆に向かって、これから自分の意思とは異なり、非常にゆっくりしたスピードで演奏するというスピーチも前代未聞なら、”Who is the Boss, Conductor or Soloist ?” というフレーズに驚かされる。ベートーベンのピアノ協奏曲3番は、バーンスタイン版とカラヤン版の聴き比べである。

小澤征爾は1935年生まれなので、グールドより3歳年下ということになる。すでに人気が出ていたグールドをトロントでも知っていたし、自宅にもいったことがあるという。当時のことを、「グールドにまつわる活字にできないような話も小澤征爾から聞かされた。」と村上春樹が書いている。その中身は何だろうと興味をひかれて仕方ないが、小澤征爾のグールド評は的確だと思う。グールドに関する書籍はたくさん出版されているが、多くは、天才、変人、奇人という説明がなされるが、小澤征爾はグールドの音楽を「結局のところ自由な音楽」「間の取り方がうまい」と評している。 本書は、その後、マーラー、古楽器、マツモトキネン、オペラの話と話題を変えて行くが、やはり村上春樹のリードが上手で、オーケストラ、音楽がどのような過程を経て指揮者により作り出されるのがよく理解できる値打ちのある本だ。

【グレン・グールドのピアノ】

ケイティ・ハフナーというアメリカ人が書いた本だ。反応の素早い、軽いアクションのピアノに対する希求、調律師エドクイストの存在などグールドのこだわりが非常によくわる。グールドは自分に合った非常に敏感なアクションのピアノを求め続け、地元トロントにあったスタンウエイCD318にようやく巡り合うが、不運にも運送中の事故で壊れてしまう。グールドは困り果て、この時期ピアノを弾かずチェンバロの録音を出したりする。2回目のゴールドベルク変奏曲は、ヤマハのピアノで弾かれたものだ。DVDでそのピアノを見ることができるが、鍵盤の前の板にYAMAHAと書かれた部分が、本来ならあるはずだが、この板が取り外されており、ちょっと異様だ。 この本は、意味不明で感傷的な追及に力点がなく、事実に即して書かれており、読む値打ちがある。

【グレン・グールド 未来のピアニスト】

青柳いづみこの本。筑摩書房から2200円というこの種の本にしては、買いやすい値段のため買いましたが、端的に言えば、面白くない。ドビッシー弾きのピアニストということで、ピアニストから見てグールドはどのような存在に見えるのかという興味から購入した。この本は、いきなり「同業者の目から見ると」と始まるが、グールドは自分のピアノ演奏は、「業」とか、一般の人がするように仕事でピアノを弾いていたのではないと思います。彼女が1970年前後に東京芸大の学生だった時には、変わった演奏をするグールドに対し賛否両論があり、一種の踏み絵の様相を呈していた時期があったと書き、わたしはどちらにも属さなかったと書いているが、この人はグールドを否定する側だったと思ってしまう。(日本でグールドが正当な評価を受けるのは、1963年の吉田秀和の評論以降である。) 途中で読むのを止めた。

【グレングールド】中川右介

没後30年で、CD販売なども大盛況なので「グールド」の本を出せば売れるだろうと著者は計算したと思う。(この計算は正しい。朝日新書というメジャーなところから820円という手軽な値段のため手に取った人は多いと思う。)青柳いづみこもそうだが、グールドの良さが十分に分かっているのかな?と思ってしう。 また、本文もグールドと同時代のエルビス・プレスリーの話やら、ジェームズ・ディーン、J・D・サリンジャーなどの話が長くページ数を無駄に増やしている。 書かれている内容はグールドの奇行ぶりを中心に書かれており、これまでに書かれたグールド本は多いので、いろんな本をつなぎ合わせた感は否めない。 『グールドの発言や書いたものには「嘘ではないが本当でもない事柄がある。」』と書き、その点には興味を惹かれたが、全体を通してグールドについて懐疑的な評価である。

PCオーディオその後

PCオーディオにはまった時にオーディオ機器を揃えはじめたのだが、どうしても値段の手頃なものから揃えてしまい、結局は満足できずに上位機種を買うということを繰り返した。このため我が家のオーディオセットは4組ある。

下ががメインのセットだ。一日の最後に、好きなクラシック音楽を聴く。カナダ人ピアニストのグレン・グールド(1932-1982)にはまっている。知る人は知るのだが、知らない人も多いと思う。没後30年以上経つのだが、クラシックでは人気のピアニストだ。CD売り場へ行くと、今でもたくさん並んで売れている。昨年発売された「コンプリート・バッハ・コレクション」(CD38枚、DVD6枚組)は最初1万2千円ほどの安価で発売されていたのだが、今では逆に値上げされている。彼の演奏は、1950年代から始まり、このころの演奏は60年近く経過している。このため初期の録音状態は悪く、出来るだけ原音で再生したいという思いから、PCオーディオに凝り始めた。

具体的には、ファンレスの無音自作パソコンにZODIAC専用のUSBケーブル(85センチで6万円する!!)でDACのZODIAC GOLDと接続する。ZODIAC GOLDは、本体と電源部が分かれており、50万円以上する。この電源部が威力を発揮するのだ。電源部を完全に独立・安定させることで異次元の音質になる。さらにA級アンプのLUXMAN 550AXのパワーアンプ部へと直結し、スピーカーはB&WのCM8にバイワイヤリングで接続している。これらの接続はモンスターケーブルを使っている。ヘッドホンは、オーストリア製のAKG K701だ。結論だけを言えば、非常に良い音がする。長い時間、大きな音で聴いても聴き疲れすることがなく、小さな音で聴いてもクリアに聴くことが出来る。クラシックはクラシックにふさわしい、ジャズはジャズらしいリアルな音がする。

ベストは、ZODIAC GOLDとヘッドホンのAKG K701だけの再生だ。非常に微妙な音まで明晰に聞きわけることができる。たとえば、グールドが生涯使い続けた椅子がかすかに軋む音や、マイクマニアの彼が、音源から遠近をつけた位置に置いたマイクが拾うチャンネルごとの微妙な違いも聴き取れる。また、ジャズなど違ったジャンルを再生すると、非常な臨場感、迫力があり、目の前に楽器があるかと思うほどだ。もちろん、アンプ、スピーカーをとおして聞くと、音量に関係なく音楽に楽に没頭することができる。全体に、例えば、ピアノであれば本来のアコースティックな響きがするし、ドラムのシンバルであればそのとおりのリアルな音がする。本来、楽器はこんなにいい音がするのだと快感する。

ZODIACLUXMANB&Wakg_k701

リビングルーム

こちらはネットワークプレイヤー PIONEER N-50、アンプは ONKYO A-9070。ソースは、隣室のNASからLAN接続をしている。他のメーカーのネットワークプレイヤーもそうだが、曲の選択や曲目のディスプレイが小さいことなどPCと比べると、細かい不満はいろいろある。だが、CDプレイヤーを使うより、さっと違う曲をかけることができるし、曲名も表示され、こちらの方がずっと良い。

スピーカーは、かなり昔(15年ほど前)に買った。「線音源」のリニアムA-1という高音が綺麗なスピーカーだ。スピーカーは専用スタンドに乗せている。こちらもなかなかいい音がする。リビングルームではある程度離れて聴くことができるので、器楽曲は自然な感じで聴ける。オーケストラはちょっと解像度が厳しい。

N-50ONKYOリニアムA1

和室1 PC

和室に家族みんなで使うデスクトップパソコンがあり、そちらのセットだ。ONKYO DAC-1000、アンプ ONKYO A7-VL、スピーカー DALI LEKTOR2です。いずれもネットの口コミを見て買ったものだ。

DAC-1000ONKYO A-7VLDALI LEKTOR2

和室2

ネットワークオーディオを始めた時に買ったネットワークプレイヤーDENON RCD-N7とスキャンダイナスピーカーMicro Pod SE。

RCD-N7MICROPOD

Glenn Gould 中毒

1年ほど前にツタヤで借りた「エクスタシス」「アルケミスト(錬金術師)」の2本の映画をきっかけに、グレン・グールド中毒が始まった。

グールドは、1932年生まれ、1982年没のカナダ人ピアニスト。今年が没後30年ということになる。30年ほど前にレコードの「ゴールドベルク変奏曲」などを聴いていたが、このたび価値を再発見。特にバッハ演奏で評価が高いが、ベートーベン、モーツアルト、シェーンベルク、ベルク、ブラームスなど、どれを聴いても他のピアニストとは違った素晴らしい演奏が聴ける。

幸い輸入盤のCDが1枚700円程度で買えるためどんどん揃えていった。そうこうするうちに、CDとDVD合わせて40枚「バッハ・コンプリート・エディション」が12,000円程で発売される。大半はすでに持っているものだが、まだ持っていないものもあり、こちらも購入。DVD3枚組のバッハシリーズは、輸入盤が3000円と安く飛びついたが、結局は、日本語字幕付きの同じ内容のものを、9000円とお高いがモンサンジョンとグールドの対話を知りたくて買ってしまった。

書籍類も並行して購入。

しかし、他のピアニストは聴く気がしないほど素晴らしい!

フリードリヒ・グルダも好きで、これまで聴いていたが、グルダはジャズに傾倒する時期もあるものの、やはりクラシックの中心地であるウイーン正統派。生まれた時からクラシックの中心地で過ごし、何をやっても根底にクラシック音楽の伝統が流れている。一方、カナダ生まれのグールドは、母親やゲレーロに師事するが、クラシック音楽は、トロントにやってくるオーケストラやレコードなどから入ってくる情報から成り立ち、楽譜を自身でじっくり読みなおし、「再作曲」する。新しい解釈、これまでなかった誰かの真似ではない解釈を提示する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。