ポートモレスビー日本人会ロロアタツアー

ポートモレスビーには日本人会がある。会員数は、100人にはならないだろう。1年に2回ほど行事が催され、今回は、30名ほどでロロアタ島へシュノーケリングやスイカ割りをする日帰り小旅行をしてきた。

下の島がロロアタ島。ポートモレスビーから車で30分ほど東へ走ったところから、結構立派な船でロロアタ島に向かう。20分くらいで着いたのだろうか。(手前がロロアタ島に向かうための船で、正面にロロアタ島の桟橋が見えている。ロロアタ島に向かわずに近くでダイビングも出来るそうだ。)ロロアタ島へロロアタ島

ロロアタ島にはレストランやゲストハウスがある。ここが最終目的地で、ここで泳ぐわけではない。下は泳いだり、スイカ割りをしたライオン島という無人島。ここまでは、船外機がついたボートで来る。10人乗りくらいの大きさで一番後ろにエンジンがついているボートだ。このために、全員がライオン島に行くには、ボートが3往復するのを待たないとならない。この日は珍しく波が高く、ボートは波に上下に揺られ、子供たちがキャーキャー声を上げる。波しぶきをじゃんじゃん頭からかぶり、写真が撮れなかった。サングラスと日焼け止めは必須。日差しが半端ではなく強烈。ライオン島では、テントを張って、シュノーケリング、子供たちとスイカ割りをした。この無人島では、我々日本人だけでなく、インド人やパプアニューギニア人のグループも気づくと一緒だった。テントを張って、スイカ割りをする準備の良いグループは日本人しかいなかったが。ロロアタ島山頂から下は、再びロロアタ島に戻り、食事をした時のレストランに飾られていた彫り物。ビールを飲み、食事をして、日陰で風に吹かれのんびりしていると、周り360度、上も下も自然しかなくて、世の中にはこんなにのんびりできる場所があるものだと実感する。

ロロアタ島マスクロロアタ飾り下はロロアタアイランドリゾートのリンク。詳しくは、こちらを見てもらえるとよく分かる。http://www.divenavi.com/png/port/resort/loloata.html

投稿者: brasileiro365

 ジジイ(時事)ネタも取り上げています。ここ数年、YOUTUBEをよく見るようになって、世の中の見方がすっかり変わってしまいました。   好きな音楽:完全にカナダ人クラシック・ピアニスト、グレン・グールドのおたくです。他はあまり聴かないのですが、クラシック全般とジャズ、ブラジル音楽を聴きます。  2002年から4年間ブラジルに住み、2013年から2年間パプア・ニューギニアに住んでいました。これがブログ名の由来です。  アイコンの写真は、パプア・ニューギニアにいた時、ゴロカという県都で行われた部族の踊りを意味する≪シンシン(Sing Sing)≫のショーで、マッドマン(Mad Man)のお面を被っているところです。  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。