ユーロから始まる世界経済の大崩壊/スティグリッツとエマニュエル・トッド

written on 14th /January /2017

  • 「ユーロから始まる世界経済の大崩壊」(ジョセフ・スティグリッツ)
  • 「問題は英国ではない、EUなのだ」(エマニュエル・トッド)
  • 「ドイツ帝国が世界を破滅させる」(エマニュエル・トッド)
  • 「グローバリズム以後」     (エマニュエル・トッド)
  • 「トランプは世界をどう変えるか?(エマニュエル・トッド 佐藤優)
  • 「グローバリズムが世界を滅ぼす」(エマニュエル・トッド 中野剛志他)

最近、上にあげた書籍を読んだ。ここ数年は、スティグリッツ、クルーグマン、浜田宏一などといった経済学者の本を読んで大いに知的に興奮していたが、今回のエマニュエル・トッド衝撃はさらに大きい。

このエマニュエル・トッドがソ連の崩壊、アラブの春、英国EU離脱、トランプ勝利を予見していたことも驚くが、なにより驚くのはグローバリズムの終焉をいうところだ。グローバリズム、自由貿易は現代の最大のテーゼ、金科玉条、お経みたいに有難いとされているものだ。

下が、主がたまたま見たNHK BSの放送だ。40分以上あり長いが、興味のある人には大体の感じが掴めるだろう。主は、この放送をきっかけに6冊の新書を取り寄せた。これらは雑誌の評論やインタビュー、講演を元にしているものが多く、読み易い。おすすめだ。

https://www.tvu.co.jp/program/Emmanuel_Todd_201611/

アメリカ大統領選挙はエマニュエル・トッドの予想通りトランプが勝利した。トランプは、映画バック・トゥー・ザ・フューチャーで悪役のビフのモデルだった。そんな男は、相変わらず1%の金持ちに奉仕し続けるのかもしれないが、投票したアメリカの白人中間層が望んでいるのは、格差と貧困に疲弊した世界から抜け出すことだ。これから世界はどこへ向かっていくのか、他人事ではない。

投稿者: brasileiro365

 ジジイ(時事)ネタも取り上げています。ここ数年、YOUTUBEをよく見るようになって、世の中の見方がすっかり変わってしまいました。   好きな音楽:完全にカナダ人クラシック・ピアニスト、グレン・グールドのおたくです。他はあまり聴かないのですが、クラシック全般とジャズ、ブラジル音楽を聴きます。  2002年から4年間ブラジルに住み、2013年から2年間パプア・ニューギニアに住んでいました。これがブログ名の由来です。  アイコンの写真は、パプア・ニューギニアにいた時、ゴロカという県都で行われた部族の踊りを意味する≪シンシン(Sing Sing)≫のショーで、マッドマン(Mad Man)のお面を被っているところです。  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。